リップルが中国のブロックチェーン研究プログラムと提携

ニュース

リップルが中国のブロックチェーン研究プログラムと提携

リップルは、ブロックチェーン研究プログラムのために中国のトップ大学と提携しました。

提携された北京の清華大学のフィンテック研究所 : Fintech Research Institute(THUIFR)は奨学金プログラムは世界的な規制政策とブロックチェーン開発にフォーカスすることを発表。

このプログラムに参加した学生は、グローバルな規制やブロックチェーン技術に関するポリシーに関する最先端の研究に参加し、企業の見学やイベントに参加する機会が与えられます。

同大学の国際協力開発ディレクターであるIvy Gao氏は、

このイニシアチブは学生にグローバルなブロックチェーン規制政策の「包括的な見解」を提供することを目的としていると述べた。

また、リップルのグローバルオペレーション担当バイスプレジデントであるEric van Miltenburgは次のように述べています。

「このプログラムの目標である、学生にブロックチェーン研究の機会を提供することは、リップルのブロックチェーン研究イニシアチブの目標とよく一致しています。私たちはTHUIFRを支持し、その立ち上げを楽しみにしています。」

THUIFRについて

2012年以来Fintech Labにより学術的および産業的研究の成果に基づいて、THUIFRは2017年に清華大学のPBC金融学部、学際情報科学研究所、ソフトウェア学部およびロースクールによって共同で設立されました。

THUIFRは、最先端の研究と実践的な指導を最先端産業に提供することを目的としており、学際的研究、政策諮問、交換と協力、革新的なインキュベーションのための有力なプラットフォームとなることを目指しています。

 

Rippleは、2018年6月に大学を拠点としたブロックチェーンと暗号通貨の研究に資金を提供するために、数百万ドルを確保することを発表しました。

そして、大学パートナーに資金を提供するために、5000万ドルを超える資金と、それ自身の専門知識および「技術的なリソース」を投入すると述べています。

Ripple(リップル/XRP)の特徴・詳細|送金を目標とした仮想通貨ではなかった?