コインチェックがビットコインSVを日本円で交付することを発表

ニュース

コインチェックがビットコインSVを日本円で交付することを発表

2018年11月にビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH/ABC)からハードフォークして誕生したビットコインSV(Bitcoin SV/BSV)を、仮想通貨取引所コインチェックが3月18日付けで、日本円で交付を行うと発表しました。

内容は以下の通り。

概要

対象のお客様につきましては、相当額の日本円をCoincheck取引アカウントの残高に交付いたします。

対象者

2018年11月16日 AM2:52:01のハードフォーク発生時点でCoincheck「取引アカウント」または「貸仮想通貨アカウント」においてBCHを保有し、かつ2019年3月18日 AM11:00時点で当該アカウントが通常通り利用いただける状態となっているお客様。

交付額について

当社にてBitcoinSVを売却後、対象者のBCH保有量に応じて交付致します。

交付予定日時について

交付予定日時につきましては、市場価格等へ影響する可能性がございますため、公表は控えさせていただいております。交付の実施後、改めて当社公式SNS等によりお知らせを致しますため、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

コインチェックのHPより一部抜粋

今回の措置は、コインチェックの「計画されたハードフォーク及び新コインへの当社対応方針」に基づいており、交付日については「市場価格等へ影響する可能性」があるため公表しないとされていますが、ビットコインキャッシュがハードフォークによって誕生した際にも、いち早くユーザーへ交付手続きをとっていた同社なだけに、今後の対応にも注目が集まります。