ビットコインSVの上場廃止運動広まる|バイナンスCEOの発言きっかけに

ニュース

ビットコインSVの上場廃止運動広まる|バイナンスCEOの発言きっかけに

ビットコインSVは、去年11月にビットコインキャッシュのハードフォークで誕生した仮想通貨で、ビットコインの創設者「ナカモトサトシ」がの思想を一番強く反映させたコインだと主張しています。

創設者のクレイグ・ライト氏は、自身のブログでビットコイン創始者のサトシ・ナカモト本人であると名乗っており、ビットコインが法外なことに利用され、犯罪活動を助長しているという状況は、ビットコインの目指した世界ではないとの持論を展開し、ビットコインの創設者として新しい創造をおこなうことを発表しました。

その結果、昨年11月にビットコインキャッシュからハードフォークする際にライト氏は、ビットメインの創業者ジハン・ウー氏やBitcoin.comのCEOロジャー・バー氏が率いたビットコインABCと激しく衝突をしてましたが、結果としてハードフォークが成立し、ビットコインSVが誕生したのです。

これでビットコインSVの争いが終焉を迎えると思いきや、仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏は、クレイグ・ライト氏に対して「クレイグ・ライトはサトシではありません。」と全面否定するとともに、ビットコインSVの上場廃止を示唆しました。

この発言を受けて、ツイッターではビットコインSVへの不信感からハッシュタグ「#DelistBSV」をつけて上場廃止の運動が高まっており、「Lightning Torch」の創設者@hodlonautmもこの運動に参加しています。

Lightning Torch:ライトニング ネットワーク(Lightning Network)を利用したビットコイン送金のコミュニティ

ライト氏はこの動きに対して@hodlonautがライト氏をツイッターで何度も「詐欺師」呼ばわりしたことについて名誉毀損で訴える構えを見せていますが、@hodlonautg側も世界中の取引所にビットコインSVを支援しないことをシェアするなど争う姿勢を見せています。

構想から誕生、そして誕生後までの一連で様々な議論を呼んでいるビットコインSVですが、最大手取引所のバイナンスからの上場廃止が決定すれば、ビットコインSVの価格に大きな影響は避けられません。

この騒動の終焉はどのようにして迎えるのか注目です。

「持っているのはビットコインだけ」ツイッターのCEOがライトニングトーチに参加