【速報】ビットコインの価格が8か月ぶりに約6900ドル(76万円)に到達|7000ドル8000ドルも間近か

ニュース

【速報】ビットコインの価格が8か月ぶりに約6900ドル(76万円)に到達|7000ドル8000ドルも間近か

日本時間の2019年5月11日 15:30頃、仮想通貨ビットコインの価格が約6900ドル(76万円)にまで到達しました。

前日比で9%近く上昇し、この価格は2018年9月以来およそ8か月ぶりの水準となります。

引用:CoinMarketCap

 

またビットコインと同じようにほぼ全てのアルトコインの価格も上昇しており、中には12%を超える上昇を見せている通貨もあります。

引用:CoinMarketCap

ビットコインの価格高騰の理由とは?

ビットコインの価格高騰の理由については様々な意見がでています。

Twitterで約9万人のフォロワーを持つ仮想通貨トレーダーのDonAlt氏は

「ショートスクイーズある。このようにBitcoinを取引することで、17年の良い時期を思い出させることができました。」

と、価格高騰の背景にショートスクイズがあると発言しています。

また、モルガンクリーク・デジタルの共同設立者である、通称Pomp氏は、

「少なくとも1つの大きな政府がすでにかなりの量のBitcoinを購入していると私は思います。最終的には他の政府もそれに続くでしょう。」

と発言しています。

テザー問題」や「バイナンスのハッキング」といった大きな事件が立て続けに起きていますが、仮想通貨市場への影響は大きくなく、右肩上がりの上昇が続いています。

そして、2019年5月13日~15日にかけて世界最大のブロックチェーンカンファレンス「コンセンサス2019」が開催されます。

このカンファレンスに出席したプロジェクトは、どれもその年に大きく成長しているため、今回も世界中の関係者から注目が集まっています。

この影響で毎年相場にも良い影響を与えているので、現在の価格がさらに上がっていく可能性も考えられています。

世界の富裕層68%が2022年までに仮想通貨に投資|DevereGroup社レポート

【速報】ビットコインの価格が5か月半ぶりに5700ドル(約63万円)を突破