ギャラクシーデジタルがオプション取引の提供を開始|機関投資家の需要増加が背景に

ニュース

ギャラクシーデジタルがオプション取引の提供を開始|機関投資家の需要増加が背景に

仮想通貨投資会社ギャラクシーデジタルが仮想通貨のオプション取引の提供を開始したと、仮想通貨メディアThe Blockが報じました。

ギャラクシーデジタルは、ゴールドマン・サックスで役員を務めていた経歴もある米国著名投資家マイク・ノボグラッツ(Mike Novogratz)氏が創業した仮想通貨投資会社です。

このマイク・ノボグラッツ氏は、米誌「フォーブス」の仮想通貨長者番付に名を連ねるなど、仮想通貨業界でも名の通った人物であり、2018年末には、2019年にビットコイン価格が上昇すること、機関投資家等の仮想通貨に対する関心が高まっていくことを予測する発言も行っていたことで有名です。

オプション取引とは、ある一定期間後に決められた価格でモノを売る・買う「権利」を売買する取引。

金融取引の自由化の流れの中で、リスク回避のための手段として発展してきた背景があり、機関投資家がリスクヘッジを行う手段として広く用いられている。

今回、ギャラクシーデジタルがオプション取引の提供を開始する理由として、リスクヘッジを求める機関投資家が増加していることが挙げられているようです。

仮想通貨はボラティリティが大きいことで有名ですが、機関投資家の仮想通貨市場への参入が活発化するにつれて、こうしたリスクへの回避策を求める動きは自然な流れと言えるでしょう。

先月、米大手金融Fidelityが機関投資家向けのビットコインのカストディサービスを開始することが報じられましたが、こうした機関投資家向けサービスの拡大は、機関投資家の仮想通貨市場参入が活発化していることを示していると言えるかもしれません。

カストディサービスとは、投資対象となる資産の保管や決済などの代理業務を幅広く行うサービス。

市場が適正に成長するためには、様々な性質を持った人々の流入や、機関投資家の存在は非常に重要となります。

機関投資家の参入がさらに活発になれば、市場規模も拡大していくことが予想されます。

最近急激な価格上昇を見せ、再び多くの人々の注目を集めている仮想通貨。今後はどのような動きを見せるのでしょうか。

【初心者向け】仮想通貨の投資における基本的な考え方

【仮想通貨】『カストディ』とは?【用語集】