バイナンスUSがTezos(XTZ)を新規上場

ニュース

バイナンスUSがTezos(XTZ)を新規上場

2020年3月16日、バイナンスのアメリカ版「バイナンス US」取引所が、新たな仮想通貨「Tezos(XTZ)」を上場させることを公式Twitter上で発表しました。

Tezosは、アルトコインの中でも最近特に注目されており将来性が期待されている通貨の1つで、プロトコルを3つに分散させる事でハードフォーク(通貨のアップデート)が必要ない点や、取引承認システムに「PoS」を採用している点、独自のスマートコントラクト機能を有している点などが魅力です。

本家のバイナンスでは、すでに2019年9月に上場されており、通貨ペアもビットコイン(BTC)、テザー(USDT)、バイナンスコイン(BNB)の3種類に対応しています。

また、Tezosのステーキングサービス(仮想通貨を保有しつつ報酬を受け取る事ができる)にも対応しており、「金利は6~7%」と非常に魅力的になっている点も要注目です。

このステーキング参加条件は「最低1XTZを保有するだけ」と非常に気軽なものとなっており、仮想通貨トレードが苦手な人や配当型利益を目的として投資する人にとって魅力と言えるでしょう。

バイナンスの他にもTezosを取り扱っている海外仮想通貨取引所はいくつかありますが、アメリカ最大手のコインベース取引所でもTezosを上場させており、世界的に注目が集まっている仮想通貨といえます。なお、コインベースでも、前述したTezosのステーキングサービスを提供中です。

また、バイナンスUS取引所は、2019年10月にもアメリカ自治連邦区であるプエルトリコにも取引所サービスを提供しており、オープン当時からこうしたアメリカ以外の多くの地域にサービス拡大をする旨を発表していました。

近年では、海外だけでなく、日本国内でも仮想通貨Tezosの普及活動を目的とする「Tezos Japan」が、Tezos上のスマートコントラクト機能についての勉強会を行う予定を発表していました。

残念ながら、この勉強会第1回目は、新型コロナウィルスなどの影響により延期となりましたが、今後は継続的に実施予定とのことです。

Binance(バイナンス)が次世代ブラウザBraveと提携

Binance(バイナンス)、新型コロナウィルス対策に支援