詐欺に利用されるコロナウイルス関連のドメイン販売をアメリカ当局が阻止

ニュース

詐欺に利用されるコロナウイルス関連のドメイン販売をアメリカ当局が阻止

アメリカの司法省と国土安全保障省は、「coronaprevention.org」というドメインが、偽のコロナウイルス検査キット販売のために販売されようとしていたところを、差し押さえました。

・corona prevention:コロナ防止
(・.org:非営利組織を意味するドメイン

ドメインを販売しようとしていた者は「サブジェクトA(Subject A)」と呼ばれ、ハッキングなどに利用するためのドメインを多く販売していることで知られています。

トランプ大統領が国家緊急事態を宣言した翌日には、ハッキング関連のフォーラムで「coronaprevention.org」が売りに出されていました。

20ドル前後が相場とされる中、「サブジェクトA」は覆面捜査官に500ドル相当のビットコインの支払を要求しました。

米司法省は、コロナウイルスに関する詐欺に利用された数百のドメインを利用できなくしたと発表しています。

アメリカ、コロナ対策の1200ドル給付で仮想通貨の購入者が急増

ソニーがブロックチェーン技術を活用した共通データベース基盤の開発を発表