デジタル元はグローバルな取り引きに利用される通貨になるか?

ニュース

デジタル元はグローバルな取り引きに利用される通貨になるか?

韓国金融研究所のキム・ジョンハル上席研究員は、中国が開発を進めるデジタル元は、今後のグローバルな取り引きにおいて米ドルに代わり利用されるようになるかもしれないとコメントしました。

デジタル元は、すでに中国の5つの地域で試験的に導入されています。

デジタル元はコロナウイルスによって著しく低下した経済活動を活性化させる狙いもありますが、キム氏はさらに、コロナウイルス関連の支援を中国から受けた国は、デジタル元を利用せざるを得なくなる可能性があると指摘しています。

昨年フェイスブックがリブラ・プロジェクトを発表したことは、中国がデジタル元の開発を加速させたと付け加えられています。

リブラがリリースされれば中国への影響も大きく、中国はデジタル元によってそれを打ち消したいと考えています。

ただし、デジタル元はマネーロンダリングや金融犯罪の減少には大きなメリットがある一方で、全ての金融情報が中国人民銀行に知られることになります。

デジタル元が成功するには、透明性が確保されたプロジェクトでなければなりません。

仮想通貨取引に課税しない8つの優しい国

韓国中央銀行がコロナ対策としてCBDC開発を加速