コインチェックがドメイン不正アクセスへの対応を完了

ニュース

コインチェックがドメイン不正アクセスへの対応を完了

仮想通貨取引所コインチェックが、不正アクセスによって顧客情報が流出した可能性がある件について、最終報告をリリースしました。

対象となる顧客は、当初は当該期間中にコインチェックに問い合わせを行った約200名としていましたが、直前に問い合わせを行っていた100名についても、情報が流出した可能性があるとのことです。

流出の可能性があるのは、メールアドレスと、メールに記載されていた次の情報です。
・氏名
・住所
・生年月日
・電話番号
・IDセルフィー

情報が流出した可能性のある顧客に対しては、順次連絡をするとのことです

コインチェックではすでに対策を終えているとしており、現在のところ特に被害は報告されていません。

メールでの問い合わせについては、従来利用していた support@coincheck.com あてには、メールを送らないように呼びかけています。

コインチェックのドメインへの不正アクセスが発生

ロジャー・バー氏が経済的に困窮する慈善団体に1万ドル相当のBCHを寄付