バイナンスのサービスは中国でも利用できる?

ニュース

バイナンスのサービスは中国でも利用できる?

仮想通貨取引所の営業が禁止されている中国で、仮想通貨取引所であるバイナンスを利用できることが明らかになりました。

中国の規制当局は、2017年に仮想通貨取引やICOを禁止しており、中国の仮想通貨取引所は閉鎖や国外への移転を余儀なくされました。

しかしCCTV(中国中央テレビ)によると、北京在住のジャーナリストが、中国のウェブサイト「Binancezh.com」を通じてバイナンスにアクセスし、仮想通貨を購入できたことが明らかにされました。

この報道を受けてバイナンスは、「『Binancezh.com』はテストサイトであり、ユーザーのほとんどはエジプトからアクセスしている」と答えました。

しかし、ウェブ分析のシミラーウェブ社によると、トラフィックの約80%は中国国内からのものだとしています。

バイナンスの回答がどうであれ、北京に居ながらバイナンスを利用できるということが明らかになりました。

CCTVでは、この事実はバイナンスが中国の法令に違反していることを示しており、今後、中国当局がバイナンスに対して何らかの法的措置を取る可能性があるとしています。

バイナンスがハッキング関連のアドレス凍結を発表