中国・崑山市の医療サービスにブロックチェーン技術を導入

ニュース

中国・崑山市の医療サービスにブロックチェーン技術を導入

中国江蘇省の崑山市は、医療サービスにブロックチェーン技術を導入しました。

世界第二位の経済大国である中国において、医療サービスの脆弱な基盤は多くの課題を抱えていますが、崑山市では問題のソリューションとして、ブロックチェーン技術の採用に踏み切りました。

崑山市の保健委員会は、地元のブロックチェーン企業と提携し、医療処方箋アプリを開発し、患者の医療記録はブロックチェーン上に安全に記録され、患者本人がデータを管理できるように取り組みます。

医療記録は、患者の希望に応じて医師や薬剤師と共有できるようになるため、薬剤師は薬を処方する前に医師からの情報をチェックできるようになり、薬の乱用を防ぐ意味でも大いに役立ちます。

世界ではオピオイドなどの処方薬の乱用による死亡事故が多発しており、特にアメリカでは、事故死の最も多い原因となっています。

NEM(ネム)、新しいブロックチェーンで高級ワインの信頼性確保へ

ファイルコインと開発者向けツールを作成するトリュフがコラボを発表