コロナウイルスの大流行はダークネット市場の反映を招いた

ニュース

コロナウイルスの大流行はダークネット市場の反映を招いた

コロナウイルスの大流行以降、ダークネット市場(DNM)は指数関数的に成長しており、新しい顧客を生み出しています。

最大のDNM「エンパイア」は、物流やインターネットの遮断だけが心配な点です。

コロナウイルスによって世界経済が混乱し、多くの人が不況に苦しんでいます。

しかし多くの人は様々なものを手に入れようとしており、DNMは繁栄しています。

今年1月ころは、ハッカーからの攻撃によってエンパイアへのアクセスは困難になっていました。

しかし現在はTor(匿名性の高いインターネット)を利用してストレスなくアクセスでき、ある専門家は「DNMの薬物市場は黄金期になっている」と述べています。

コロナウイルスのロックダウンによって自宅でインターネットをする機会が増え、新規の利用者も増えています。

海軍犯罪捜査局(NCIS)の調査によると、多くの米海軍将校が、海外滞在時にDNMを利用して違法薬物を購入していることが判明しています。

NCISは法執行機関と連携を取りながら、DNM上で違法薬物を購入しようとしている隊員を特定し、起訴するとしています。

Twitter詐欺で集められた資金がワサビ・ウォレットに送られる

タイ中央銀行は大企業によるCBDC利用が始まっていると発表