KuCoin取引所でハッキング被害、売却にDEXを使用か

ニュース

KuCoin取引所でハッキング被害、売却にDEXを使用か

香港に本部を置く仮想通貨取引所のKuCoinがハッキング被害に遭い、仮想通貨が流出したことが9月26日に判明しました。

その後の調査で、被害総額は約2億ドル(約210億円)とみられています。

流出した仮想通貨のマネーロンダリングに利用される可能性が指摘されているのが、DEX(分散型取引所)です。

このため、業界ではDEXでの悪用を意識した資金凍結を行っており、米ドルのペッグ通貨であるテザー(USDT)は、イーサリアム(ETH)上で発行された2000万USDT、イオス(EOS)上で発行された1300万USDTなどを既に凍結しています。

OCEANプロトコルは9月27日にハードフォークを行い、2100万OCEANを無効化しました。

他の仮想通貨についても凍結や、トークンスワップなどで対応しています。

一方、凍結やハードフォークなどの対応が間に合わなかったところもあり、そのうちのひとつが、シンセティックスのSNXトークンです。

ザ・ブロックのリサーチャーによると、DEX大手のUniswapとKyberでSNXからETHへの交換が行われていることが判明しており、既に30万SNK以上が売却済みだとしています。

また、前述のOCEANについてもUniswapでの売却が確認されていましたが、ハードフォークによる無効化で、それ以降の売却は食い止められています。