ファイルコインのマイニングにおける罰則(ペナルティ)とは

アルトコイン

ファイルコインのマイニングにおける罰則(ペナルティ)とは

ファイルコイン(FILECOIN)は自らの使命を、巨大な商用アプリケーションとソフトランディングの機能を備えた、分散型で効率的なインフラストラクチャを強固に作成することとしています。

そのために、ストレージネットワークのセキュリティと安定性をさらに強化する必要があり、ノード参加者が努力して行うべき当然の義務を果たさなかった場合にはペナルティを科すことで、高品質のデータストレージサービスを提供できる体制を整えるとしています。

ファイルコインが科すペナルティとは

ファイルコインネットワークの罰則規定には、次の3点が挙げられています。

  • セクタ障害料金
  • セクタ障害検出料金
  • セクタ終了料金
セクタ(sector)」:領域や区画という意味で、データを読み書きする場合は「セクタ」という単位に区切って行う。

ノード参加者がセクタを証明している場合、セクタが障害状態にあるときはセクタ障害料金を毎日支払う必要があります。ストレージノード参加者の信頼性が高まれば、これらのコストによってもたらされるリスクは急速に減少します。          

また、ノード参加者が障害の事実を把握しているにもかかわらず報告義務を怠っているなど、悪意のある不正な動作を捉えた場合は、障害検出料金を支払う必要があります。

さらに、セクタに14日間障害状態が継続した場合、そのセクタは終了し、参加者は数日間のセクタ障害料金などの終了料金を支払う必要があります。

なお、ノード参加者は、セクタを自ら終了することもできますが、終了料金を支払う必要があります。

ペナルティの仕組みとWindowPoSt

ノード参加者がセクタ障害を発見し、自主的に報告した場合、14日分の収入が差し引かれます。

一方、ノード参加者がセクタ障害を発見できず、WindowPoStによって発見された場合は5日分の収入に対して罰せられます。

WindowPoSt:ファイルコイン実装であるLotusの証明アルゴリズムであるPoStには、WinningPoStとWindowPoStの2種類があります。Winning PoStでは、ブロックの生成時にすでに送信されているセクタデータを証明し、提出されたセクタデータは、データが正しく保存されていることを確認するために定期的に証明されます。

セクタの有効期限が切れる前にセクタが終了した場合、前の期間に取得されたブロック報酬の一部がセクタエラー検出料金として差し引かれます。

WindowPoStの期間は、1日で48個のウィンドウに分割され、各ウィンドウは30分と規定されており、ノード参加者のセクタとボリュームが多いほど、チャレンジ数と難易度は高くなります。

ノード参加者は指定された時間内にデータの検証を行う必要があり、完了しない場合はペナルティを受けることになります。

安定性と修復機能を重要視したシステム

ファイルコインが最優先事項として掲げているのは、ネットワークの安定性とシステム修復機能です。

これにはソフトウェアアルゴリズムの最適化やWindowPoSt時間の短縮、監視システム、ネットワーク伝送の仕組み、ハードウェア機器のリアルタイム監視、バックアップ、ディスク障害の問題への対処、データ紛失防止などが含まれますが、アマゾンなどの世界をリードするインターネット企業でさえ、全てを保証することは容易ではありません。

しかしながら、超高速のシステム修復機能はノードにとって特に重要であり、緊急事態の可能性が非常に低い場合も、迅速な修理システムにより損失が最小限に抑えられ、収益やブロックチェーンが最大化されます。

これは、スペースレース中やメインネットの立ち上げ後のマイナーにも当てはまります。

マイナーがペナルティを受けず、かつ、パフォーマンスの低下につながらないためには、ノード参加者がソフトウェアの最適化だけでなく、高水準の運用や保守サポートが必須となります。

Filecoin(ファイルコイン)が創出しようとしている経済圏とは