ビットコイン(BTC)のERC20トークン化、10月は大幅ペースダウン

ニュース

ビットコイン(BTC)のERC20トークン化、10月は大幅ペースダウン

ビットコイン(BTC)のERC20トークン化のペースが10月は大幅にダウンしました。

分散型取引所(DEX)をはじめとする分散型金融(DeFi)の収益性低下が背景にあるとみられています。

デューン・アナリティクスのデータによると、BTCのトークン化は10月が約380億円相当で、9月の770億円相当と比較すると大幅にダウンしています。

DeFiの多くはイーサリアム(ETH)のブロックチェーン上にあるため、BTCとETHはブロックチェーンに互換性がなく、そのままでは取り扱うことができません。

BTCをDeFiで取り扱うには、ペッグ通貨であるラップトビットコイン(WBTC)をはじめとするERC20トークンと交換する必要があり、それが9月までのERC20トークン化の急増につながっていました。

DeFiのブームの背景には、仮想通貨を貸し出して利益を得るイールドファーミングの存在がありますが、大手DEXであるイールドファーミングの利益率が、10月に入って低下しています。

ビットコインアナリストのライアン・ワトキンス氏は、この利益率の低下がBTCのERC20トークン化のペースダウンに関係しているのではないかとみています。

ただし、ERC20トークン化されたビットコインは、マイニングによって発掘されたBTCの金額を上回っており、DeFiブームが必ずしも沈静化していないことを示唆しています。

ファイルコインの新しいマイニングサービス「FILPOWER」とは|公式ウェブアプリの使い方