ファイルコイン、マイナーの不正を防ぐ「Slashing」機能とは

ニュース

ファイルコイン、マイナーの不正を防ぐ「Slashing」機能とは

分散型ストレージネットワークであるファイルコインは、その特性からネットワークの整合性を確保し、マイナーの過失や悪意のある行動から参加者のインセンティブを調整するための仕組みが重要となります。

ファイルコインエコシステムの整合性、信頼性、および評判を確保するファイルコインプロトコルの機能である「Slashing」は、マイナーの適正な行動を促し、クライアントのデータが適正に保存されることが担保されます。

Slashingの仕組み

全てのストレージマイナーは、ファイルコインの形で担保を入れる必要がありますが、マイナーが過失または悪意を持って行動した場合、マイナーは「Slashing」されるか、担保の一部を没収されることになります。

Slashingが機能する場合

「スラッシュ」が機能する場合は主に以下の3点があります。

  1. ストレージ取引の期限が切れる前にマイナーがデータを削除したとき
  2. マイナーが要求されたときに時空の証明を提出しなかった場合
  3. マイナーがファイルコインブロックチェーンをフォークしようとしたり、ブロックリーダーの選出を操作したりする場合

ファイルコインネットワークはSlashingを使用して、マイナーの不正行為に対して担保金の没収とストレージパワーの損失を生じさせるため、マイナーは不正を働くことの正当性を失います。

上記のようにSlashing」が機能することで、クライアントのデータが約束どおりにマイナーによって保存されるという確信を与えるのに役立ちます。

Slashing」の詳細については公式ブログをご覧ください。

ファイルコインの総ストレージ容量が1エクサバイトを突破