CMEグループがイーサリアム先物取引を開始することを発表

ニュース

CMEグループがイーサリアム先物取引を開始することを発表

世界最大の金融デリバティブ取引所であるCMEグループは12月8日、イーサリアムの先物取引を2021年2月に開始することを発表しました。

先物決済は仮想通貨ではなく現金で行われ、50ユニットのイーサリアムが設定されており、デリバティブは日曜日から金曜日の午後5時から午後4時の間に取引されます。

CMEグループのグローバルヘッドであるティム・マコート氏は今回の発表について次のように述べています。

「イーサリアム先物の追加は、成長する仮想通貨市場においてリスクヘッジの手段として提供できると信じています。イーサリアムは時価総額と1日の取引量の両方で2番目に大きい暗号通貨です。この需要の多い通貨をCMEグループが扱うことで、価格変動リスクを管理できるようたくさんクライアントに役立ててもらうことができるだろう。」

今回の発表により、CMEグループでの先物の取り扱いは2017年12月17日に取引を開始したビットコインに続いて2つ目となりました。

ファイルコインの開発者数が1年間で3倍に増加