米国マイアミ市長、ビットコインでの税金支払い許可を検討

ニュース

米国マイアミ市長、ビットコインでの税金支払い許可を検討

米国のマイアミ市長フランシス・スアレス氏は1月14日、FOXBusinessのインタビューで、市民がビットコインで税金などを支払うことを許可することを検討していると述べました。

その上で今後のビットコインに対する考え方を述べています。

「米国において仮想通貨でビジネスをするのに最も簡単な場所となるように枠組みを作ろうと考えています。そうすることで創造的で革新的な人材がここに来て、マイアミに高給な仕事が作り出されることを期待しています。」

また、マイアミ市は投資ポートフォリオの多様化のためにビットコインへの投資を検討していると述べています。

ビットコイン価格が乱高下、再び一時4万ドル台に