コインチェックがエンジンコインを上場へ、国内取引所では初

ニュース

コインチェックがエンジンコインを上場へ、国内取引所では初

仮想通貨取引所コインチェックは1月19日、国内で初めてエンジンコイン(ENJ)を上場することを発表しました。上場は1月26日を予定しています。

ENJはシンガポール発のゲームプラットフォームである「エンジン」内で利用できる仮想通貨で、イーサリアムベースであるため分散型取引所(DEX)でも取り扱われています。

ENJINが日本初のチャリティNFTプロジェクトを発表

エンジンが関係するゲーム内ではNFTと呼ばれる仮想通貨が利用されていますが、ENJはこのNFTの購入などに使われており、NFTをENJに交換することも可能です。

NFTが使用されているゲームの中で最も有名なものは、世界で1億人を超えるアクティブユーザーがいるといわれ、日本でも多くの人がプレーしているマインクラフトです。

マインクラフトではゲーム内のアイテムを今後、他のゲームの世界に持ち出せるようになるとされており、その鍵になるのがNFTだといわれています。

コインチェックは2020年9月、マインクラフトに関係する「NFTマーケットプレイス」を、エンジンと共同で構築していくと発表しています。

こうした両者の関係から、NFTの購入に必要となるENJについても上場の可能性が高いとされており、どのタイミングで上場されるか関心が高まっていました。

Blockchain.comでオリジンプロトコル(OGN)が利用可能に