イーサリアムの価格上昇、DeFi関連の仮想通貨の価格にも影響

ニュース

イーサリアムの価格上昇、DeFi関連の仮想通貨の価格にも影響

イーサリアム(ETH)が4日に過去最高値をつけたことが、分散型金融(DeFi)関連の仮想通貨や、ライバルとみられているポルカドット(DOT)などの価格に影響を与えています。

コインゲッコーなどによると、DeFi関連の銘柄のうちアーベ(AAVE)は5日に入って価格が上昇し、未明に一時1AAVE=500ドル台を突破し、史上最高値をつけました。

スシスワップ(SUSHI)も4日夜に価格が上昇し、同日夜に1SUSHI=16.4ドル台をつけ、史上最高値を更新しています。

ユニスワップ(UNI)も一時価格が上昇し、5日午前には1UNI=21ドル台を記録しています。チェーンリンク(LINK)も26ドル台に突入しています。

一方、ETHのライバルと目されているDOTについても価格が上昇。史上最高値となる21ドル台には届かないものの、1DOT=20ドル前後で取引が行われています。

ソラナ(SOL)も5日に入って価格が6ドル台に突入しました。2日午後7時現在は、6ドル台後半で取引が行われています。

DeFiの多くはETHのブロックチェーン上に開設されています。DeFi関連銘柄の価格上昇は、このことが影響しているとみられています。

イーサリアムが1600ドル台突入、ガス代も過去最高値に