ビットコインが初めて5万ドルを突破、米企業の動きが影響か

ニュース

ビットコインが初めて5万ドルを突破、米企業の動きが影響か

ビットコイン(BTC)の価格が日本時間16日夜、初めて5万ドル台を突破しました。

この価格上昇には、米マイクロストラテジーの動きが、価格を押し上げた可能性があると指摘されています。

マイクロストラテジーは同日、同社の転換社債の私募を提案しており、これによって調達した資金のうち一部をBTC購入に充てるとしています。

この発表ののちにBTC価格は上昇し、コインゲッコーなどによると16日午後9時半頃に1BTC=5万350ドル前後の史上最高値をつけました。

その後、BTCの価格は4万8000ドルを割り込むまで下落しましたが、即座に反発し、17日午前10時現在では4万9000ドル台となっています。

マイクロストラテジーはBTCの大口ホルダーとして知られており、現在は7万1079BTCを準備資産として保有しています。

同社は昨年12月にも同様に、BTCの追加購入のために転換社債を販売しており、この時の資金を元手に1月に10億ドル相当のBTC、2月には295BTCを購入しています。

こうした大口ホルダーが追加購入の動きを見せたことが影響し、BTCの史上最高値につながったと考えられます。

一方、イーサリアム(ETH)は13日に過去最高値の1860ドル台を記録し、その後も一時1800ドル台に乗せていましたが、17日午前10時現在は1760-1770ドル台となっています。

ファイルコインを支援するベンチャーが新たにファンドを立ち上げ