【仮想通貨】『DeFi』とは?【用語集】

用語集

【仮想通貨】『DeFi』とは?【用語集】

DeFiは「Decentralized Finance(分散型金融)」の頭文字を取ったもので、銀行や中央集権型の仮想通貨取引所のように管理者がいない金融システムのことです。

従来の中央集権型の金融システムでは、運営に当たる中央管理者が存在していますが、DeFiではスマートコントラクトを活用し、中央管理者がいない金融システムを可能にしています。

DeFiはブロックチェーン上に、分散型アプリケーション(DApps)として設置され、イーサリアム(ETH)ベースのものと、バイナンスコイン(BNB)ベースのものが主流です。

DeFiの主なものとしては、分散型取引所(DEX)、レンディングサービス、メーカーなどがあります。

DEXは仮想通貨同士の取引を行うもので、日本の仮想通貨取引所で扱っていない銘柄でも取引可能です。レンディングサービスは、仮想通貨を貸して、その利子などで利益を得るものです。

DEXとレンディングサービスサービスの主なものとしては、ETHベースではユニスワップやスシスワップ、BNBベースではパンケーキスワップなどが挙げられます。

また、メーカーはETHなどを担保として、別の仮想通貨を発行するもののことで、米ドルにペッグしたステーブルコインであるダイ(DAI)を発行しているメーカーDAOなどが挙げられます。

【仮想通貨】『Segwit』とは?【用語集】