メルカリが子会社「メルコイン」設立へ-ビットコイン決済に対応

ニュース

メルカリが子会社「メルコイン」設立へ-ビットコイン決済に対応

フリーマーケットアプリを提供している株式会社メルカリは、新たな子会社「メルコイン」の設立を取締役会で決議したと公式サイトで発表しました。今後、暗号資産交換業者の新規登録申請を行う予定としています。

メルコインは4月下旬に設立される予定で、フリマの売上金をビットコイン(BTC)で受け取る機能などを提供すると説明しています。

メルカリの子会社が運営している決済サービス「メルペイ」についても、決済や送金だけでなく、仮想通貨による資産運用機能も1つのウォレットで提供していく予定だとしています。

また、メルカリでは非代替性トークン(NFT)についても注目しており、NFTをはじめとするデジタルコンテンツを容易に交換できるシステムを創出するとも説明しています。

メルカリは内部の研究機関「メルカリR4D」でブロックチェーンについて研究しており、社内でイーサリアム(ETH)ベースの仮想通貨による取引の実験を行っていました。

また、分散型金融(DeFi)のように、メルカリのようなフリマが分散型のアプリケーションとして成立する可能性についても追求していると説明しています。

ビットコイン価格、統計的に4月は上昇傾向