マインクラフトの土地をNFTとして販売-エンジン・プラットフォームを活用

ニュース

マインクラフトの土地をNFTとして販売-エンジン・プラットフォームを活用

世界的な人気ゲームであるマインクラフトのサーバーを運用するマイ・メタバースは、マイクラフト内の仮想土地をNFTとして販売すると発表しました。

マイ・メタバースはマインクラフトのサーバー「メタシティー」を運営しており、モンスターなどを倒すことで報酬としてキャピタルコインがもらえる仕組みになっています。

NFTとして販売される仮想土地は、このキャピタルコインを貯めて購入するもので、ゲーム内のチャットに「property buy」と入力すれば、購入モードに入れます。

仮想土地の購入が完了すれば、NFTとしてウォレットに転送され、仮想土地に好きなように建造物を建てることが可能になります。

NFTの発行に当たっては、ゲームと親和性の高いエンジン・プラットフォームのERC1155という、イーサリアム(ETH)ベースの規格を採用しています。

これによって、建造物が建てられた土地をNFTとして競売にかけるなど、エンジン・プラットフォームの仮想通貨であるエンジン(ENJ)での売買が可能になるとしています。

また、購入した仮想土地で独自のミニゲームを作成し、エンジン・プラットフォームを利用して参加料を徴収することなども可能だとしています。

現在、NFTとして販売されている仮想土地は70区画で、すべてが建造物を建てるのに適しているわけではありません。ただ、マイ・メタバースは今後、仮想土地の区画を増やしていくとしています。

ゲームストップ、NFTプラットフォーム構築へ専用サイト公開