ビットコイン、エルサルバドルで法定通貨へ|全ての取引にビットコイン払いの受け入れを義務化

ニュース

ビットコイン、エルサルバドルで法定通貨へ|全ての取引にビットコイン払いの受け入れを義務化

9日、中米のエルサルバドルの共和国のブケレ大統領はビットコインをエルサルバドルの法定通貨として採用するための法案を議会に提出し、議会は投票を行い賛成多数で法案は正式に可決されました。

ビットコインを自国の法定通貨へーエルサルバトル大統領が法案提出

この法案は官報で公布されてから90日後に発効します。

この法案の最も重要な内容は、全ての経済的な取引にビットコインの支払いを受け入れることを義務付ける条項が含まれていることで、主な条項は以下の通りです。

  • 全ての商品の価格をビットコイン表示が可能
  • ビットコインで全ての税金の支払いが可能
  • ビットコインの取引はキャピタルゲイン税の対象外
  • ビットコインの価格は米ドル建てを参考にする
  • 全ての経済的な取引において、ビットコインでの支払いを提示された場合、それを拒否してはならない

エルサルバドル政府は市民がビットコインを受け取った後、即時に米ドル換金する手段を提供するために「エルサルバドル開発銀行」で投資信託を設立する予定です。

エルサルバドルの人口は約650万人で、2001年に法定通貨として米ドルを採用しています。

ブケレ大統領によると、国民の約70%は銀行口座を持っていないため、海外からの送金が容易なビットコインの活用が進めば外国へ出稼ぎに出ている労働者からエルサルバドル国内への送金が増える可能性があると指摘しています。

国外の出稼ぎ労働者からエルサルバドル国内への送金額はGDP(国内総生産)の約20%を占めています。

今後、法定通貨として、米ドルとビットコインがどのように並行して利用されるのか注目です。

パラグアイの議員、ビットコイン導入の可能性を示唆