2021年前期で10億ドル|VISAが仮想通貨の取引額を発表

ニュース

2021年前期で10億ドル|VISAが仮想通貨の取引額を発表

大手決済企業のVISAは7月7日、2021年の前半に仮想通貨(暗号資産)の支払いに紐づけたVISAカードの取引処理が10億ドル以上記録されたと発表しました。

VISAが提携しているのはコインベースやバイナンス、クリプトドットコムなど約50のプラットフォームです。

顧客のウォレットとVISAのプログラムが連動し、現在世界7,000万のVISA加盟店で仮想通貨が決済で利用されています。

10億ドルという規模の取引を可能にしたのは、多くの仮想通貨機関とトラディショナルな銀行をつなげることができたVISAの功績といえます。

VISAの扱っている世界の金融規模を考慮すると、10億ドルという数字は増加の途中段階で、今後ますます取扱額が増えることが予想されます。

今回の報道では、仮想通貨の経済圏がすでに莫大なものであること、そして、売買だけに止まらず、保有資産としての安全性を再認識できる材料と捉えることもできます。

VISAの取引額の発表は、近い将来の仮想通貨のユースケースの増大を促進し、システム利便性向上などの日常的な決済手段にとって代わる未来を期待させます。

中国人民銀行、仮想通貨取引に関与した北京ソフトウェア会社に事業停止命令