中国で仮想通貨の取引を全面的に禁止-中国人民銀行が発表

ニュース

中国で仮想通貨の取引を全面的に禁止ー中国人民銀行が発表

中華人民共和国の中央銀行である中国人民銀行は9月24日、同国内の仮想通貨に関する事業やサービス、取引情報提供を全面禁止とすることを公表しました。

禁止内容を守らない場合は、法律的に処罰されることになります。

これまでも中国政府は仮想通貨に関わるさまざまな規制強化でネガティブな姿勢をとっていましたが、今回の全面禁止は過去と比べシリアスな規制とされています。

仮想通貨の投機的側面を危険視

中国人民銀行は、仮想通貨の自由取引が金融経済の不安定を招くとともに、マネーロンダリングや詐欺被害、違法な金融取引を誘発するとしています。

またビットコインについて「法定通貨に値しない」としたうえで「国内市場に流通させられない」と強く主張しています。

違法取引を監視する仕組みを強化

中国人民銀行ならびに中国サイバースペース管理局、公安部といった中国当局は、違法とされる仮想通貨取引の特定のための監視プラットフォームの改善が既に行われたことも発表しています。

また、今回の報道の影響でビットコインの価格は大幅な下落をみせ、42,000ドルを下回りました。

韓国、60以上の仮想通貨取引所がライセンス制度導入でサービス停止へ