ビットコインが大規模アップグレード「タップルート」、新しい承認技術など複数の新機能を実装

ニュース

ビットコインが大規模アップグレード「タップルート」、新しい承認技術など複数の新機能を実装

ビットコインのブロックチェーンが11月14日にアップグレードされ、複数の新機能が実装されました。

今回のアップグレードは「タップルート」と命名され、プライバシー性能や拡張性能、セキュリティ性能、スマートコントラクト性能の改善、向上を目的に行われました。

2017年のセグウィット以来、4年ぶりのアップグレードで注目を集めたのは「シュノア署名」という新しい承認技術です。

新たなシュノア署名はセキュリティ性能の向上だけでなく、より多くの取引をまとめて署名することでデータ容量の削減、軽量化により拡張性や匿名性を向上できるとされています。

また、スマートコントラクト性能の改善により、スピーディかつ複雑な取引が可能になります。

今回のアップグレードの拡張面を使ったさまざまな新しいツールの構築とリリースが開発者に求められています。

大手映画館企業、ビットコインなど4銘柄を含むオンライン決済を開始