ビール大手バドワイザー、初のNFTコレクションを販売

ニュース

ビール大手バドワイザー、初のNFTコレクションを販売

アメリカの大手ビール銘柄「Budweiser」(バドワイザー)は11月29日、デジタル分野への進出を深めるため、初のNFT(非代替性トークン)コレクションをリリースしました。

1936年にバドワイザーの缶が初めて発売された当時を記念して「Budverse Cans HeritageEdition」と名付けられており、1,936個のデジタル缶で構成されています。

1,936個のNFTのうち、ゴールドNFTと呼ばれるレアなトークンが36種類あり、公式セールで999ドル(約11万円)で販売され、残りの1,900個はコアNFTと呼ばれ499ドル(約6万円)で販売されました。

リリースから1時間以内にバドワイザーのNFTトークンが完売したことが確認されており、ブランドへの総収入は984,000ドル(約1億1,000万円)ほどになっています。

バドワイザーのNFTトークンは、成人年齢に達したアメリカ在住者のみがバドワイザーの公式サイトから入手することが可能で、Coinbase Commerceを介して、ビットコイン、イーサリアムまたは法定通貨やクレジットカードで購入することになります。

今年の8月、バドワイザーは公式Twitterのプロフィール画像として、約275万円でNFTを購入しており、イーサリアム・ネーム・サービス(EMS)が提供する「Beer.eth」のアドレス名を約1,000万円で購入しています。

英中央銀行総裁、エルサルバドルのBTC法定通貨化を懸念