ナイキがNFTスニーカーブランドを買収ーメタバース事業に注力の姿勢

ニュース

ナイキがNFTスニーカーブランドを買収ーメタバース事業に注力の姿勢

アメリカのスポーツブランドであるナイキは12月13日、メタバース内で使われるバーチャルウェアやデジタルスニーカーを手がけるRTFKTを買収したことを発表しました。

RTFKTは「アーティファクト」と読み、20201月に設立されたばかりのNFTブランドです。これまでにNFTや最新のゲームエンジン、AR、ブロックチェーン技術などを用いて、さまざまなバーチャル製品をリリースしています。

特にNFTスニーカーの評価は高く、2021年初頭に発売された約35,000万円(310万ドル)のバーチャルスニーカーは、7分間で完売となるほどです。

その他にも、高級日本車ブランドのレクサスのスニーカーやアーティストの村上隆氏とのアバター(クローンX)といったコラボレーションを行なっています。

RTFKTの総評価額は、約378,000万円(3,330万ドル・20215月時点)といわれていますが、現時点ではナイキによる買収条件、金額などは発表されておりません。

かねてよりブロックチェーン技術の取り組みを行なっていたナイキは、「NIKELAND」や「Roblox」といったメタバースのオープンや、スニーカーのトークン化関連のパテントを得るに至っています。

NPO法人、メタバース文化振興で3党の国会議員と意見交換

 

https://octane.jp/articles/detail/6835