米プロシェアーズが、メタバースETFをSECに申請

ニュース

米プロシェアーズが、メタバースETFをSECに申請

上場投資信託事業を行うアメリカのプロシェアーズは12月29日、メタバースに特化したETFの申請をSEC(米国証券取引委員会)に対して行ったことが明らかになりました。

プロシェアードは2021年にビットコインの先物ETFの承認を受けたことで話題となりました。

「プロシェアード・メタバース・テーマ・EFT」と呼ばれる本ETFは、メタバース関連の技術を提供している企業や、メタバースに投資している企業を組み込んだ「ソラアクティブ・メタバース・テーマ・インデックス」という指数に連動するファンドです。

この指数に関連したメタバース企業は、以下の事業を行う企業と定義されています。

  • VRARを含むメタバーステクノロジー
  • メタバースプラットフォーム
  • メタバースデバイス
  • 規格設計・開発
  • データ処理

盛り上がりを見せるメタバース関連の投資商品として、韓国から4つ、カナダから2つのメタバースETFが既にリリースされています。

このことからNFTや仮想通貨と相乗的な投資対象としても、メタバースはいっそう関心を集めています。

東京をイメージしたメタバース空間がディセントラランド内に建設予定