ザ・サンドボックスの開発会社が3.6億ドルの資金調達

ニュース

ザ・サンドボックスの開発会社が3.6億ドルの資金調達

ブロックチェーンゲーム「ザ・サンドボックス」を開発しているアニモカ・ブランズは、約3.6億ドルの資金調達を完了したと発表しました。

資金調達はリバティー・シティー・ベンチャーズが主導したもので、戦略的買収や投資、製品開発、人気のある知的財産のライセンスの継続のために使われると説明しています。

アニモカ・ブランズは今回の資金調達に関連して「私たちはオープンWeb3.0を構築し、金融包括を拡大するオープンメタバースを促すという目標を設定しました」と述べています。

そのうえで「私たちはまだインターネット革命の初期段階にあり、今年は私たちの前にとてつもないチャンスがある」などとコメントしています。

ザ・サンドボックスはイーサリアム(ETH)のブロックチェーン上に開設されたメタバースを舞台とするゲームで、ゲーム内アイテムを自作し、非代替性トークン(NFT)として売ることも可能となっています。

開発を行っているアニモカ・ブランズはファントム・ギャラクシーズというゲームのローンチも予定しており、REVVトークンベースのレースゲームの開発も行っています。

また、NFTマーケットプレースを運営するオープンシーや、ダッパーラボズやアクシー・インフィニティーといった同業他社などにも投資を行っています。

ソニーが新VRシステムと専用ゲームタイトルを発表