秋葉原駅がメタバース空間として利用可能にーJR東日本が今月内にオープン

ニュース

秋葉原駅がメタバース空間として利用可能にーJR東日本が今月内にオープン

JR東日本は3月8日、秋葉原の街と駅を舞台とした「バーチャル・アキバ・ワールド(VAW)」を、325日にオープンすることを発表しました。

NTTドコモと提携し、世界的にも認知されている秋葉原のバーチャル空間をスマホで手軽に体験できるとのことです。

2021年夏に行われた「バーチャルマーケット6」に出店したJR東日本は、構えたブースの来場人数が過去の記録を更新し、マーケット規模や成長を確信したことで、今回のスマホで体験できるメタバース・ステーションの開設となりました。

VAW内は、秋葉原駅の改札を利用し、街を歩くことや電車への乗り込み、ユーザー間のコミュニケーションといった多くの体験が可能で、メタバース空間として機能することになります。

また、VAWのオープンには日本を代表する作品のヒーローとのコラボが決まっており、「シン・ゴジラ」「シン・エヴァンゲリオン劇場版」「シン・ウルトラマン」「シン・仮面ライダー」の4作品が登場する予定で、コラボ期間中のVAW秋葉原駅は「シン・秋葉原駅」という名称で打ち出すとのことです。

音楽業界大手ワーナーとNFTゲーム企業が提携ーP2Eの拡大へ