コインチェックがサンドボックス「SAND」取扱いを発表、キャンペーンも実施

ニュース

コインチェックがサンドボックス「SAND」取扱いを発表、キャンペーンも実施

暗号資産取引所コインチェックは5月24日、暗号資産「SAND」の取扱いを開始することを発表しました。

これにより、多くの企業や著名人が参加し、人気を博しているメタバースプラットフォーム「ザ・サンドボックス」の中で使用される通貨SNADが、日本国内で初めて取り扱われることになります。

既に両社は20209月にパートナとして合意し、メタバース上でのプロジェクトを推し進めてきました。

また、20221月には「Oasis TOKYO(オアシス・トーキョー)」と名付けられた2035年の未来都市イメージ空間の開発を発表しています。

キャンペーンを実施中

コインチェックでは、SANDの取り扱い開始に伴いキャンペーンを実施中です。

【期間】

2022年6月7日まで

【参加条件】

期間中に合計で5万円以上のSANDを購入

【特典】

抽選で10名にコインチェックの取引アカウントに10万円を付与

【賞品付与方法】

キャンペーン期間終了から1ヶ月以内に取引アカウントへ付与

ニュース

SBIとビットポイントジャパンが提携|再生可能エネルギー分野などで協業

SBIとビットポイントジャパンが提携|再生可能エネルギー分野などで協業 SBIホールディングスは5月12日、エネルギー分野及び暗号資産(仮想通貨)分野での包括的な協業による事業拡大を目的に、リミックスポイントと…