ポリゴン、2022年にカーボン・ネガティブを実現するために2000万ドルの寄付を約束

環境・エネルギー関連

ポリゴン、2022年にカーボン・ネガティブを実現するために2000万ドルの寄付を約束

イーサリアムのレイヤー2ソリューションであるポリゴン(Polygon)は、環境に配慮したブロックチェーンとして展開することを発表しました。

ポリゴンのグリーンマニフェストで発表された本プロジェクトは、2022年にゼロ・カーボンを達成するための技術活用を推進し、総額2,000万ドル
を拠出することを約束しています。

その最初のステップとして、ポリゴンは40万ドル相当のBCTとMCO2を購入する予定で、これは約90,000トンのCO2排出量に相当します。

また、環境への影響があるトークンプールを順次廃棄していく予定です。

ポリゴンの共同創設者であるSandeep Nailwal氏は次のように述べています。
「私たちが示した対策は、ポリゴンのエコシステムによるCO2の排出をなくせるかもしれませんが、それだけでは、大規模な気候変動に必要な変化をもたらすのに十分な変化ではありません。つまり、ブロックチェーン業界全体で地球を破壊するのではなく、地球を守るのに役立つ技術に資金を提供し、支援し、活用する必要があります。」

Nori、トヨタ・ベンチャーズの参加を得て700万ドルを調達