ファイルコイン、ビットコインのグリーン化への挑戦

ニュース

ファイルコイン、ビットコインのグリーン化への挑戦

ブロックチェーンの電力使用による環境に与える影響への議論は、2022年も変わることなく続いています。

ファイルコイングリーンプロジェクトをリードする科学者のアラン・ランシル氏

「投資家はWeb3プロジェクトの持続可能性を測る際、従来の金融と同じ基準で評価すべきである」

と述べました。

アラン・ランシル氏はマサチューセッツ工科大学出身で、2018年に博士号を取得しています。

Protocol Labs(プロトコルラボ)では分散システムと分散型ウェブの設計原理を電力網に組み込むことを研究し、現在はファイルコイングリーンチームを率いています。

ファイルコイングリーンとは、ファイルコインを持続可能なものにするために、ブロックチェーンを利用して透明性があり検証可能にすることを目指すプロジェクトです。

ランシル氏は続けて、

「ブロックチェーンのような新しい技術は、脱炭素化と炭素排出量を減らして環境修復を目指すことに影響はない」

と述べ、ランシル氏は投資家が温室効果ガスプロトコルを暗号ポートフォリオに適用できる、新しいツールを開発することの価値を強調しています。

ファイルコインはブロックチェーン上のアクティビティとストレージプロバイダのエネルギー使用量、および再生可能エネルギー消費量をはっきりとマッピングできるとして、ブロックチェーン技術のなかで最も環境負荷が高いビットコインについて、ランシル氏は楽観的な見方を示しています。

ビットコインのマイナーは、コスト低下とともに太陽光などの自然エネルギーを利用しようとしており、将来的にさらに活発に議論されていくことでしょう。

ランシル氏はビットコインが再生可能エネルギーを使うことについて、より広いビットコインコミュニティによって決定されるものであると述べています。

ファイルコイン グリーンプロジェクトはビットコインが再生可能エネルギーを使った結果について、検証可能なデータによって裏付けられていることを確認していくとしています。

Flowcarbon、A16z主導の資金調達ラウンドと炭素トークンの売却で7,000万ドルを調達