台湾が詐欺の疑いでビットコイン投資運用会社の7人を起訴

ニュース

1月18日のFocusTaiwanの報道によると、詐欺の疑いのある暗号通貨投資をしたとされる7人が台湾で起訴された。

地元検察の報告によると、被告は台湾の銀行業務とマルチレベルマーケティング監督法の違反で起訴されたとしている。

同グループは、詐欺の疑いのあるビットコイン投資手法を運営しているとされる容疑で、昨年6月13日に逮捕されたと伝えられている。FocusTaiwanによると、この手法は投資家に年間最大355%の収益を約束している。

4月24日以降収益が減少して以来この契約は実行されていないことから、関係者達は追加の違反で起訴された。

FocusTaiwanは、このグループが約5100万ドルの投資資金を集めたと報告している。また、同国の法務省(MJIB)の調査局によると、この制度では1,000人以上の人々が詐欺された。

Cointelegraphが昨年12月に報告したように、イタリアの証券監督当局は、詐欺的な暗号投資手法を提供しているとされる2件のプロジェクトを中断させた。

同月、ウォールストリートジャーナルが実施した調査によると、何百もの暗号通貨が詐欺的な活動、見込みのない収益、盗用の兆候を見せているとしている。