イタリアの上院がブロックチェーンの検証を許可するための法律改正を検討

ニュース

イタリアの上院がブロックチェーンの検証を許可するための法律改正を検討しています

イタリア政府は、合法化されたブロックチェーンのタイムスタンプとデジタル文書の検証を許可する規制を修正する改定案を検討しています。

同国の上院議員、Senato della Repubblica氏は、2018年12月に可決された、

上院法第989号に分散元帳技術とスマートコントラクト関連の用語を追加する提案を発表しました。

改正にはブロックチェーンとスマートコントラクトの定義を含めることと同時に、分散したブロックチェーン台帳に基づく技術を使用して

電子文書を記録することが「EU規則第41条で言及された電子時間検証の法的効果を生み出す」ことを提案しています。

Finance Magnates 氏によると、この改正はすでに憲法問題および公共事業の上院委員会によって承認されています。

しかし法律として正式な改正となるためには、イタリア議会から承認を得る必要があり、

イタリア議会は、国内でのブロックチェーン検証の実用化のための技術標準を定義する予定です。

 

イタリア政府は、近年イタリア国内におけるブロックチェーン技術の役割を発展させるためにいくつかのイニシアチブを取っており、

2018年12月、イタリアの経済開発省は、全国的なブロックチェーン戦略を策定するために、

ビジネス、学術研究、コンピュータサイエンス、法律などの分野にわたる専門知識を持つ専門家を30名ほど選出しています。

そのメンバーには通信会社Italtelのマーケティングポートフォリオの責任者であり、国連のブロックチェーングループのメンバーであるAngiolini Giorgio氏

イタリアPWCのブロックチェーンコンピテンスセンターのリーダーMonaco Marco 氏。

ブロックチェーンを利用した会社Quadrans Foundationの社長であるVitale Marco氏などが集められています。

また同月、EU南部の他の6カ国(南ヨーロッパ諸国 – フランス、イタリア、スペイン、マルタ、キプロス、ポルトガル、スペイン)と共同で、

現状の経済を「転換する」ために、この地域でブロックチェーンの採用を促進するための共同宣言が

2108年12月4日にベルギーで署名されました。

これにより「ブロックチェーン技術を使用した分野でも有数の地域」となるために、ブロックチェーン技術の開発に協力することを約束しています。

いまやBlockchain島と呼ばれるEU諸国のマルタ島。

マルタのデジタル経済、金融サービスおよび技術革新に関する国会議員のSilvio Schembri氏はツイッターで、

EUで最も小さいマルタであるマルタがブロックチェーン協力で「主導的役割」を果たしていることを「誇りに思う」

と述べています。

EUの一部の国では前向きにブロックチェーンを利用して、新しい経済を作るための

法案を含めた制定がすすめられています。