【仮想通貨】『ゼロ承認』とは?【用語集】

初心者向けの基本知識

【仮想通貨】『ゼロ承認』とは?【用語集】

ゼロ承認:zero confirmation

(読み)ぜろしょうにん、ゼロ コンフォメーション

ゼロ承認とは、ビットコインの取引情報であるトランザクションが、まだブロックチェーン上の、どのブロックにも属していない状況のことをいいます。

通常、ビットコインの取引は、トランザクションの記録されたブロックが承認されてチェーンに繋がるまで約10分間必要です。

しかし、これでは店舗での支払いといったスピードを求められる場面では利便性が悪く実用性に欠けるため、それを解消するためにゼロ承認という仕組みが提案されました。

しかし、ゼロ承認では「二重払い(ダブルスペンド)」が起きてしまうデメリットも存在します。

二重払いとは、例えば、Aさんへビットコインを送金した直後に、同じビットコインをBさんに送金したとします。また、この際、Bさんの取引手数料をAさんとの取引よりも高めに設定しておきます。

ビットコインのブロック承認を行うマイニングは、手数料が高い取引を優先的に行うため、Aさんとの取引の方が早かったにもかかわらず、Bさんの取引の方が先に承認されてしまいます。

その結果、Aさんの取引を承認しようとしても、同じビットコインがBさんとの取引で既に承認されてしまっているため、Aさんの取引は無かったことになってしまうという現象が起きてしまします。

本来、ビットコインの利点は、このような二重払いや改ざんができない点にあるのですが、ゼロ承認を行ってしまうと例に挙げたような不具合が生じます。

しかし、一部の企業では、このようなリスクを負ってでもビットコインの利便性を上げるためにゼロ承認を採用しているところも存在しています。

【初心者向け】そもそもビットコインってなんなの?