【IEO】OKExが1秒で約2.8億円を調達するも参加者からは批判が殺到

ニュース

【IEO】OKExが1秒で約2.8億円を調達するも参加者からは批判が殺到

取引所OKExは4月10日、Blockcloud(BLOC)のIEOを実施し、 総販売量の5億BLOCを1秒で完売し、約2.8億円を調達しました。

BLOCの価格は、IEOでの販売時は0.005ドルでしたが、上場直後の4月11日には最高0.0874ドルまで上昇し、現在(2019/04/17)は 0.0365ドル 付近を推移しています。

(画像)CoinGeckoより

今回のIEOは、最大手の取引所であるOKExの初めてのIEOとあって大きな注目を集めていましたが、ユーザーからは多くの不満や疑惑の声が上がっています。

例えば、今回のIEOに参加するためには、実施前の1週間、一定量以上の取引所トークンOKBを保有し続けることが条件となっていました。

しかし、取引所トークンOKBの価格は、この発表があったあとの2週間で約32%下落したことから、購入することが出来なかった多くの参加者にとっては含み損となってしまっており、IEOの購入方法や参加条件への課題が浮き彫りになっています。

(画像)CoinGeckoより

また、完売までの時間が短すぎることから、ほとんどがOKExによって買われたのではないかという疑問を抱くユーザーもいます。

こうした反応を受け、OKExでは現在、IEOへの意見を募集しています。

このアンケート結果は、2回目以降に行われるIEOの改善に用いられるとしており、4月18日には5つのベストコメントを発表するとしています。

OKExは、近日中に2回目のIEOについて発表することを告知しており、どのようなルール変更や改善がされているのか注目です。

Huobi Primeによるトークンセール第1弾 – 7秒で完売するもユーザーからは不満の声