バイナンスがシンガポールで仮想通貨取引所のライセンスを申請

ニュース

バイナンスがシンガポールで仮想通貨取引所のライセンスを申請

仮想通貨取引所バイナンスがシンガポールでの営業許可を申請していることを、共同創設者兼CEOであるジャオ・チャンポン氏(CZ)がブルームバーグの取材によって明らかにしました。

シンガポールは2020年1月、サイバーセキュリティリスクとマネーロンダリングおよびテロ資金供与を防ぐために、仮想通貨取引を含めたデジタル決済を扱う企業に対して包括的な規制を施行していますが、

バイナンスは早い段階で申請書を提出しており、営業免許だけではなく、改正された決済法に沿った監督権限も含めたライセンス申請を行ったとしています。

シンガポールでの取引所ではまず、「BTC(ビットコイン)」「ETH(イーサリアム」「BNB(バイナンストークン)」を取り扱うとしています。

バイナンスが取引所で法定通貨のVND(ベトナムドン)ペア取引を開始

バイナンスが無期限契約のEOS/USDTペアで最大レバレッジ75倍