コロナウイルスの影響?ギブアウェイ詐欺が急増中

ニュース

コロナウイルスの影響?ギブアウェイ詐欺が急増中

コロナウイルスの影響で在宅時間が長くなる中、「ギブアウェイ詐欺」が急増しています。

インターネットで、著名人がビットコインを普及させるためにプレゼントを行っていると宣伝しています。

宇宙旅行ビジネスを手掛けるヴァージン・ギャラクティックのチャマス・パリハピティヤ会長、テスラのイーロン・マスクCEO、大統領候補で資産家のマイケル・ブルームバーグ氏などの名前が騙られています。

パリハピティヤ氏が登場するYouTube動画では、指定したアドレスにビットコインを送金すると、すぐにその2倍のビットコインが送り返されてくると説明されています。

しかしそのチャンスは一人一回だけなので、できるだけ多くのビットコインを送るように勧められます。

もちろん、送り返されてくることはありません。

有名人をシンボルタワーにした詐欺動画や詐欺サイトは多く見つかって削除されていますが、次々に新しいものがアップされています。

「送られたビットコインを2倍にして返す」という約束には、くれぐれもご注意ください。

コロナウイルスの研究に使用されていたコンピュータにマルウェアが侵入

コインニールがビットコイン出金手数料を変更