リップル社とSBIグループは、XRP決済システムを早ければ年内にリリース

ニュース

リップル社とSBIグループは、XRP決済システムを早ければ年内にリリース

仮想通貨メディアのコインポストによると、リップル社のパートナーとなっている日本のSBIグループは、XRP(リップル)のアジア圏での利用拡大を進めようとしているようです。

SBIグループが中心となって進められているSBIリップル・アジア・プロジェクトは、XRPを利用したグローバルな決済システムを、早ければ年内にもリリースする予定だとしています。

コインポストの取材によると、このプロジェクトでは既に複数の企業で試験的な導入が進められており、計画は順調に進んでいるとのことです。

日本と韓国においてはXRPへの関心が高いとされており、XRPの人気を後押ししているとされています。

SBIグループは韓国でも強い存在感を示しており、韓国の大手企業と関係の強い多くの提携子会社を運営しています。

日本や韓国においては、BTCが注目を集める一方でXRPの存在感は小さくなっており、人気も下がり気味との調査結果もありますが、今後のアジア圏でのXRPの動向には注目しておいた方がいいかもしれません。

SBIホールディングスCEO北尾氏がリップル社取締役に就任

ドルコスト平均法でビットコインを積み立てていたら…