ハッキング集団『クリプトコア』は2億ドル相当の仮想通貨を盗んでいた

ニュース

ハッキング集団『クリプトコア』は2億ドル相当の仮想通貨を盗んでいた

サイバーセキュリティ企業クリアスカイは、『クリプトコア』と呼ばれているハッキング集団が、日本とアメリカの仮想通貨取引所から2億ドルを盗んでいたとするレポートを発表しました。

クリプトコアは2018年頃から活動を行っており、主に日本とアメリカの仮想通貨取引所をターゲットにしています。

約2年のうちに2億ドル相当の仮想通貨を盗難しましたが、クリプトコアは高度な技術を使っているわけではないと、クリアスカイのレポートで説明されています。

その代わりに、「迅速で粘り強く、効果的」な方法でハッキングを行っています。

最初にクリプトコアは関係者を装ったメールを取引所の幹部に送り、そこを足場にマルウェアを侵入させます。

ウォレットにアクセスできる権限を手に入れると、多段階認証が解除させる瞬間を待ち、解除されれば即座に別のアドレスに送金します。

クリプトコアの活動は、2020年に入ってやや沈静化していますが、コロナウイルスによる一時的な影響と考えられています。

完全にクリプトコアの活動が停止したわけではなく、引き続き警戒が必要です。

止まらないマルウェア「Glupteda」

韓国の規制当局がダークウェブでの取り引きを監視へ