ベネズエラの公営住宅地域でのビットコイン・マイニング事業を禁止

ニュース

ベネズエラの公営住宅地域でのビットコイン・マイニング事業を禁止

イルデマロ・ビジャロエル住宅担当大臣は、テレビ取材で「低所得者層向けの公営住宅地域での電力消費量が異常に多い」とコメントしました。

ベネズエラの与党・連合社会党は、それらの地域でのビットコイン・マイニングを禁止しました。

ベネズエラの国営発電所の電力料金は非常に安く、低所得者層の地域では、ほぼ無料となっています。

先日は、マイニング規制の一環として、ベネズエラ軍が315台のマイニングマシンを押収しています。

2017年末にビットコイン価格が高騰する前から、ベネズエラではビットコイン・マイニングが広まっていました。

その後、2018年にはマイニングマシンの輸入が禁止され、現在は、マイニングを行うには政府の承認が必要となっています。

タイ中央銀行は大企業によるCBDC利用が始まっていると発表

Filecoin(ファイルコイン)とBitcoin(ビットコイン)のマイニング投資の違いとは?|FILの有利な獲得方法【FILECOIN MINER】