仮想通貨ウォレット「MetaMask」がトークン取引機能を実装

ニュース

仮想通貨ウォレット「MetaMask」がトークン取引機能を実装

イーサリアム(ETH)系のウォレットで、アクティブユーザーが100万人を超えている仮想通貨ウォレット「MetaMask」が、アプリ内でトークンを取引する機能を実装しました。

また、これに合わせてトークンの交換レートが最良となるDEX(分散型取引所)を知らせる機能も実装しています。

今回の実装により、これまでMetaMaskをDEXに紐付けし、DEX側のアプリなどで行っていた取引を、MetaMaskアプリのみで行うことが可能になります。

また、DEXでのトークンの取引価格はすべて同じではなく、高いところもあれば安いところもあるため、購入するならば最安、売却するならば最高のところを探すのが基本ですが、MetaMaskでは各DEXの取引価格の情報を収集し、トークンの売買で最良だと判断できる取引レートの
DEXを紹介するという、アグリゲーター機能も実装するとしています。

対応しているDEXはUniswap、Kyber、1inch.exchange、Airswap、0x API、dex.ag、Paraswap、Totleなどの銘柄のほか、プライベートマーケッターも含まれるといいます。

トークン取引機能については、まずFirefoxブラウザ用のアプリから実装し、Chrome用やAndroid、iOSなどのアプリにも順次実装していく予定としています。

リップル社がCO2排出量ゼロ達成への計画を発表 | 2030年を目標にエネルギーWeb財団などと提携