仮想通貨取引所BITMAXが通貨貸し出しサービスを開始

ニュース

仮想通貨取引所BITMAXが通貨貸し出しサービスを開始

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社が運営する仮想通貨取引所BITMAXは10月7日から、ビットコイン(BTC)など5銘柄の仮想通貨貸し出しサービスを開始しています。

このサービスは、現在所有している仮想通貨をBITMAXに貸し出すことで、数量と期間に応じた貸借料を受け取れるというもので、対象の通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の5銘柄で、LINE独自の仮想通貨であるリンク(LN)は対象外です。

システムとしては貸し出しを行う前日の午前9時から、当日の午前8時59分59秒まで受け付けを行い、貸し出し自体は正午から、期間は当日から7日間となっています。

なお最低貸出数量、最大貸出数量、貸出単位は銘柄によって異なります。

具体的には、以下の表のようになっています。

最低貸出数量最大貸出数量貸出単位
BTC0.01BTC0.5BTC0.01BTC
ETH1ETH20ETH1ETH
XRP1,000XRP25,000XRP1,000XRP
LTC1LTC50LTC1LTC
BCH1BCH20BCH1BCH

BITMAXでは10月30日まで貸し出しサービスの開始記念キャンペーンを行っており、実際にこのサービスを利用すると年率で10%の貸借料が受け取れるとのことです。

BITMAXはこのサービスについて、期間が最短で当日なので、仮想通貨の価格が変動した際に貸し出しを終了して早期売却し、価格変動リスクが低減できるメリットがあるとしています。

米ブルームバーグがUniswapの急成長を紹介