SBIが大手マーケットメイカーB2C2の買収を発表

ニュース

SBIが大手マーケットメイカーB2C2の買収を発表

SBIファイナンシャルサービシーズ株式会社は12月15日、ロンドンに本社を置く仮想通貨分野の大手マーケットメイカーであるB2C2 Limitedの買収を発表しました。

近年では、アジア勢の仮想通貨関連会社の動きが活発になってきており、今後はより一層、関連ビジネスの競争が激しくなると考えられます。

例えば、シンガポールのDBSは仮想通貨の取引プラットフォームを公開、香港のOSL Digital SecuritiesLtdは仮想通貨のライセンスを取得、日本でも楽天やGMOなどが仮想通貨ビジネスを展開しています。

SBIのエグゼクティブディレクターである鈴木亮氏は、

「SBIグループは日本最大のインターネット金融グループであるため、顧客基盤があります」

「日本では暗号通貨市場はまだ成熟していませんが、B2C2の専門知識はそのようなサービスを提供することができます。」

と述べています。

また、B2C2のCEOであるGillespie氏は、

「SBIにはバランスシート、ライセンス、ブランド認知、そして暗号に欠けていた信頼があります」

「それは私たちの主要な推進力であり、暗号通貨を検討しているが、カウンターパーティ、保管、流動性リスクを心配している機関投資家を追いかけます。」

と述べており、両社が協力することで機関投資家に対して仮想通貨市場への参入を促すものと思われます。

国内の大手企業が参入することによって、仮想通貨の信頼性が高まり、より多くの機関投資家が市場に参戦してくる可能性があります。

米国証券取引委員会(SEC)のリップル提訴による影響広がる