インドの仮想貨取引所CoinDCXが約1400万ドルを調達

ニュース

インドの仮想貨取引所CoinDCXが約1400万ドルを調達

インドの暗号通貨取引所であるCoinDCXは、仮想通貨取引アプリのCoinDCXGoを通して同国内の仮想通貨利用を促進するために約1400万ドルを調達しました。

CoinDCXによる資金調達は今回で3回目で、DG、Jump Capital、Uncorrelated Ventures、Polychain Capital、Coinbase Ventures等から行いました。

1回目は2020年3月、2回目は2020年5月に行っており、今回と合わせて1940万ドルもの資金調達を行っています。

CoinDCXの取引は第1四半期に3倍程度増加、第2四半期と第3四半期に20%程度増加しており、ユーザー数も四半期毎に増え続けています。

CoinDCXのCEOであるSumit Gupta氏は

「新しいアプリは、5000万人のインド人を仮想通貨市場に参加させることを目的とした#TryCryptの動きにおける主力製品です。」

と述べました。

世界2位の人口を抱えるインドで仮想通貨が普及することで、流動性がより高まる可能性があります。

SBIが大手マーケットメイカーB2C2の買収を発表