ビットフライヤーが仮想通貨積立サービス「かんたん積立」を開始

ニュース

ビットフライヤーが仮想通貨積立サービス「かんたん積立」を開始

仮想通貨取引所ビットフライヤーは1月18日、最低1円からの積み立てが可能な新サービス「かんたん積立」の提供を開始しました。

「かんたん積立」は、投資において有効とされる方法のひとつ「ドルコスト平均法」を自動的に行うサービスで、毎月、決められた銘柄の仮想通貨を日本円で一定額、購入し積み立てていきます。

ドルコスト平均法でビットコインを積み立てていたら…

申し込みは「bitFlyerウォレット」という、ビットフライヤーの公式アプリから行うことが可能で、銘柄と頻度、積立金額を選べば、積立開始となります。

対応している銘柄はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)など12銘柄です。

「かんたん積立」の最大の特徴は、積み立てを行うタイミングを選択できることで、【毎日・週1回・月2回・月1回】の4つから選択可能です。

仮想通貨の積み立てサービスは、コインチェックとGMOコインも提供していますが、最低積立額についてはコインチェックが1万円、GMOコインが1000円でした。

また、積み立てを行うタイミングについても月1回に固定されており、ビットフライヤーのようにタイミングを選択することができません。

ビットフライヤーでは今回のサービス開始を記念し、利用者のうち300人に1000円が当たるキャンペーンを行っています。

GMOコインが新サービス「つみたて暗号資産」を開始